ネタバレ感想

鬼滅の刃8巻ネタバレ【無料で読む方法】あらすじ&感想(62話~70話)

鬼滅の刃8巻を無料で読む方法(ページ下へジャンプ)

魘夢の頸を斬ることに成功した炭治郎だが、そこへ上弦の参の鬼・猗窩座(あかざ)が現れて煉獄と死闘を繰り広げる。

だが煉獄の与えた傷を猗窩座は即座に修復し、逆に腹を貫かれてしまう。夜明け前に逃げ出そうとする猗窩座に、炭治郎は日輪刀を投げつけて一矢報いた。

死ぬ間際に「煉獄家へ行けばヒノカミ神楽のことがわかるかもしれない」と言い遺す煉獄。言われた通り煉獄家を訪ねると、炭治郎は”日の呼吸”の使い手ではないかと煉獄の父に言われる。

蝶屋敷へ戻った三人は、音柱・宇髄天元に連れられて次の任務の場所の遊郭へ行くことになった。

鬼滅の刃(単行本)ネタバレ&あらすじ
▶1巻 ネタバレ ▶2巻 ネタバレ ▶3巻 ネタバレ ▶4巻 ネタバレ ▶5巻 ネタバレ
▶6巻 ネタバレ 7巻 ネタバレ 8巻 ネタバレ 9巻 ネタバレ ▶10巻 ネタバレ
▶11巻 ネタバレ ▶12巻 ネタバレ ▶13巻 ネタバレ 14巻 ネタバレ 15巻 ネタバレ
16巻 ネタバレ 17巻 ネタバレ 18巻 ネタバレ 19巻 ネタバレ  

第62話「悪夢に終わる」ネタバレと感想

 

炭治郎が下弦の壱・魘夢の頸を斬ると、魘夢と融合していた列車の先頭車両が後部車両から切断され、凄まじい断末魔と共に汽車全体が大きく揺れた

頸を斬られて苦しむ汽車は大きくのたうち回り、車両は横転して炭治郎は汽車の外に放り出された。

乗務員に刺された腹の傷の痛みで動けない炭治郎に頼まれ、伊之助はけが人たちを助けに行った。

炭治郎は呼吸を整えて傷の痛みに耐えようとする。

 

その近くでは、頸を斬られた魘夢の体が崩壊しつつあった。

人質にした二百人の人間を一人も喰うことができず、炭治郎たちの顔を恨みと共に一人ずつ思い浮かべ、やり直したい、と念じながら、まさに惨めな悪夢としての自らの生を終えた

 

全集中・常中の呼吸で痛みに耐える炭治郎を見下ろしながら、煉獄が「腹部から出血しているからもっと集中して呼吸の精度を上げるように」と言う。

言われた通りに集中する炭治郎に、煉獄は「破れた血管がある」と指摘する。

炭治郎が集中を高めると、腹の中で大きく出血している箇所を感じることができた。

その場所を止血するように煉獄に言われ、眉間に指を置かれて腹に力を込めると、炭治郎は大きく息を吐き出した。出血箇所を止血することができたのだ。

「呼吸を極めれば様々なことができるようになる。昨日の自分より確実に強い自分になれる」と言う煉獄。

炭治郎が返事をすると煉獄はにっこり笑ったが、その時近くで何者かが落ちて来るような強い衝撃が起きた。

 

胡蝶しのぶ
魘夢の「魘」という文字は”うなされる、恐ろしい夢に苦しむ”といった意味を持ちますが、他人をそのような目に遭わせただけでなく、結果的に魘夢自身が自らの生を悪夢として終えることとなりました。 また、煉獄さんが炭治郎に出血を止めさせる際、炭治郎の眉間に自分の人差し指を置いています。眉間の中央は「印堂(いんどう)」と呼ばれ、古来より気力の集中点とされます。ヨガでは「チャクラ(第三の目)」とも呼ばれますね。集中するためにはこの場所を意識するのが大事だということを、煉獄さんは経験で知っていたのでしょう。

 

第63話「猗窩座」ネタバレと感想

 

炭治郎が見ると、すぐ近くにそこには右目に「上弦」左目に「参」と書かれた鬼がいた。上弦の参、猗窩座だった。

なぜ今ここに上弦が現れるのか理解できない炭治郎に猗窩座は一瞬で襲いかかって来た。

煉獄が炎の呼吸弐ノ型・昇り炎天(えんてん)を放ち、猗窩座の左腕を指先からひじ上まで割るように斬って攻撃を防ぐ。だが猗窩座は煉獄から距離をとると一瞬で斬られた腕を再生してしまった。

この再生の速さ、凄まじい鬼気、これが上弦の鬼の強さだった。

猗窩座は煉獄に手負いの者から狙う理由を聞かれて「弱い人間が大嫌いだ」と答えると、「お前も鬼にならないか」と持ちかけた。

煉獄の練り上げられた闘気を”至高の領域に近い”と表現し、「人間は老いて死ぬから至高の領域に踏み入れないが、鬼になれば百年でも二百年でも鍛錬し続けて強くなることができる」と言う。

だが煉獄は「老いることも死ぬことも人間という儚(はかな)い生き物の美しさだ」「強さと言うものは肉体に対してのみ使う言葉ではない」「この少年は弱くない、侮辱するな」と猗窩座に答えた。

「鬼にはならない」と言う煉獄の答えを聞いて、猗窩座は術式展開破壊殺(はかいさつ)・羅針(らしん)の技で煉獄を攻撃し、煉獄はそれを炎の呼吸壱ノ型・不知火(しらぬい)で迎え撃つ。

二人とも炭治郎には目ですら追えないほどのスピードだった。

猗窩座は煉獄に「素晴らしき才能を持つ者が醜く衰えてゆくのは耐えられない、若く強いまま死んでくれ」などと言いながら破壊殺・空式(くうしき)で攻撃し、煉獄は肆ノ型・盛炎(せいえん)のうねりで受け止める。

猗窩座に距離を取って戦われては頸を斬れないと判断した煉獄は、猗窩座の正面まで瞬時に移動すると何度も激しく斬りかかった。

煉獄を手助けしようと炭治郎は起き上がろうとするが、煉獄は「傷が開いたら致命傷になるぞ、待機命令!!」と叫んでその動きを止める。

炭治郎を気にする煉獄に猗窩座は「弱者に構うな、俺に集中しろ」と破壊殺・乱式(らんしき)を放つ。煉獄がそれに対して炎の呼吸伍ノ型・炎虎(えんこ)を放つのが同時だった。

 

胡蝶しのぶ
猗窩座の「鬼になれ」との誘いに対し、煉獄さんは「老いること死ぬことも人間という儚い生き物の美しさ」と答えます。永遠に続く固定された不変の生き物である鬼に対し、変化し(時にその変化が下降線に見えても)、その変化を受け容れるのが人間の素晴らしさだということです。 変化が無ければ成長はなく、未来をより良く変えていくこともできません。『鬼滅の刃』を貫く哲学の一つに「過去は変えられない、だが未来は分からない=変えられる」という考え方がありますが、煉獄さんの言葉にもその思想が表現されていると言えるでしょう。

 

第64話「上弦の力・柱の力」ネタバレと感想

 

煉獄は死にかけていた。左目は潰れ、肋骨は砕かれ、内臓にも傷を負って既に全身がぼろぼろだった。

伊之助は手助けしたくとも二人の異次元の強さ、隙のなさ、動きの速さについていけず、足手まといにしかならないのを感じていた。

一方、煉獄が猗窩座に与えたダメージは既に修復されて傷一つ無い。

「どう足掻(あが)いても人間では鬼に勝てない」と言う猗窩座。

 

だが煉獄は「俺は俺の責務を全うする!!ここにいる者は誰も死なせない!!」と再び刀を構える。

猗窩座は煉獄のその姿を見て「それ程の傷を負いながらその気迫その精神力」と絶賛し、「やはりお前は鬼になれ杏寿郎、俺と永遠に戦い続けよう」と叫んだ。

煉獄の炎の呼吸奥義、 玖ノ型(くのかた)・煉獄と、猗窩座の破壊殺・滅式(めっしき)がぶつかり合う。

 

二人を中心に激しい土煙が舞い上がり、しばらくは何も見えなかったが、ようやくそれが収まって炭治郎が見たのは猗窩座の腕に腹を貫かれた煉獄の姿だった。

「死んでしまうぞ杏寿郎、鬼になると言え!!」「お前は選ばれし強き者なのだ!!」という猗窩座の言葉で、煉獄に昔の記憶が蘇った。

 

布団に起き上がった母が幼い煉獄に「なぜ自分が人よりも強く生まれたのかわかりますか」と問いかける。

煉獄は答えようとして何度も言葉につまり、結局「わかりません!」と元気よく答えるしかない。

「弱き人を助けるためです」と母は言った。「人よりも多くの才に恵まれた者はその力を世のため人のために使わねばなりません」「弱き人を助けることは強く生まれた者の責務です、責任を持って果たさなければならない使命なのです。決して忘れることなきように」

「はい!!」と元気よく返事をした煉獄を手を伸ばして抱きしめ、自分がもう長く生きられないことを言うと、「強く優しい子の母になれて幸せでした」「あとは頼みます」と言って一筋涙を流した。

 

煉獄は刀を強く握り直し、猗窩座の頸に振るうとその頸を落とそうと全力を込めた。刃が猗窩座の頸を斬り進むが、猗窩座は左腕で煉獄に殴りかかる。

だが煉獄は刀を持たない方の腕でその打撃を止めた。みぞおちに右腕が貫通しているにもかかわらず。

その時夜明けが近づいていることに気づき、煉獄を殺して早くこの場を去ろうと思う猗窩座だったが、自分の右腕が煉獄の体から抜けないことに気づいた。

絶対に逃がすまいとする煉獄の執念が猗窩座の体を留めているのだった。

 

胡蝶しのぶ
「強い者は弱い者を助けるのが責務」「その力で私腹を肥やすことは許されない」…少年漫画のだいご味が凝縮したような煉獄さんの母上のセリフです。これまで数々の少年漫画が読者に教えてくれたことを、『鬼滅の刃』もまた私たちに語りかけてくれています。 この回を含む8巻は『鬼滅の刃』の中でも屈指の巻です。2020年に映画化も予定されていますが、ぜひ、この巻だけは何としても、原作を合わせて読むことをお勧めします。

 

第65話「誰の勝ちか」ネタバレと感想

 

煉獄が猗窩座を逃すまいとしているのを見て、炭治郎は刀を手に取りその頸を斬ろうと駆け寄った。

だが猗窩座は夜明けが近いことを知り、この場を逃げようと物凄い怒号をあげた。

煉獄も絶対に放すまいと気合の叫びをあげる。

 

煉獄の刀がいよいよ猗窩座の頸を半分まで斬り進んだとき、炭治郎に指示された伊之助が二人の元へ近寄り、獣(ケダモノ)の呼吸壱ノ牙・穿ち抜き(うがちぬき)で猗窩座を狙った。

だが猗窩座はあらん限りの力を込めて地面を踏みつけ、その反動で自らの両腕を引きちぎって煉獄の拘束を逃れた。

太陽はすでにほとんどその姿を現している。

陽光の陰になる所へ逃げようと猗窩座は森の奥へ駆け込んだ。

 

炭治郎は持っていた日輪刀を大きく振りかぶって猗窩座目がけて投げつけ、その刃は背から胸を貫いた。

驚いて猗窩座が振り向くと、炭治郎が猗窩座に向かって「逃げるな卑怯者!!」と叫んだ。その言葉を聞いて思わず怒りが全身を走る猗窩座。

”何を言ってるんだあのガキは 脳味噌が頭に詰まってないのか?””俺はお前らから逃げてるんじゃない 太陽から逃げてるんだ””それにもう勝負はついてるだろうが 杏寿郎は間もなく力尽きて死ぬ!!”

だが炭治郎は猗窩座に叫び続ける。

 

「いつだって鬼殺隊はお前らに有利な夜の闇の中で戦ってるんだ!生身の人間がだ!傷だって簡単には塞がらない!失った手足が戻ることもない!!」「逃げるな馬鹿野郎、馬鹿野郎、卑怯者!」「お前なんかより煉獄さんの方がずっと凄いんだ!強いんだ!煉獄さんは負けてない!誰も死なせなかった!!」「戦い抜いた!守り抜いた!お前の負けだ!煉獄さんの勝ちだ!!」

そこまで叫ぶと、炭治郎はついに大声で泣き始めた。伊之助の体も震えている。

 

煉獄は黙ってその言葉を聞いていたが、一瞬優しく微笑んで、炭治郎に「もうそんなに叫ぶんじゃない」と声をかけた。「竈門少年が死んでしまったら俺の負けになってしまうぞ」と。

そして「最後に少し話をしよう」と言って炭治郎を近くへ呼ぶと、「思い出したことがある」と言って話し始めた。

 

胡蝶しのぶ
猗窩座に「卑怯者!!」と叫ぶ炭治郎の言葉は、読者の怒りや悔しさをまさに余すところなく代弁してくれています。 それだけではなく、「敵に勝つことだけが勝利なのではない」「守り切ることも勝利なのだ」と教えてくれます。 猗窩座を倒しきれなかった煉獄さんの心中は推察するに余りありますが、炭治郎の言葉が煉獄さんの心を慰めたことはその後の煉獄さんのセリフからも感じ取ることができ、それが一つの救いにもなっています。

 

第66話「黎明に散る」ネタバレと感想

 

煉獄は炭治郎を近くに呼ぶと、自分の生家である煉獄家に残された歴代の炎柱の手記にヒノカミ神楽のことが記されているかもしれない、と言った。

炭治郎はそれどころではなく、呼吸で止血してほしい、傷を塞ぐ方法はないかとうろたえながら言うが、煉獄は「無い、俺はもうすぐに死ぬ」と言いきると、「喋れるうちに喋ってしまうから聞いてくれ」と話を続けた。

 

煉獄の弟の千寿郎へは「自分の心のまま正しいと思う道を進むよう伝えて欲しい」と。

父には「体を大切にしてほしい」と。

 

そして炭治郎には、「君の妹を鬼殺隊の一員として認める」「命をかけて鬼と戦い人を守る者は、誰が何と言おうと鬼殺隊の一員だ」と。

「胸を張って生きろ」「己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと、心を燃やせ、歯を喰いしばって前を向け」「君が足を止めてうずくまっても時間の流れは止まってくれない、共に寄りそって悲しんではくれない」「今度は君たちが鬼殺隊を支える柱となるのだ。俺は信じる。君たちを信じる」と。

煉獄はそこで、炭治郎の向こうに一人の女性がこちらを見て立っているのに気づいた。

 

それは煉獄の亡くなった母親だった。

母に向かって「俺はやるべきこと果たすべきことを全う(まっとう)できましたか?」と心中で問いかける煉獄。

母は優しく微笑んで「立派にできましたよ」と答えた。

煉獄は一瞬泣くような表情になり、その後にっこりと笑った。

 

善逸が炭治郎と伊之助の元にやって来て、汽車が脱線する時のことを話してくれた。「煉獄さんが技をいっぱい出して車両の被害を最小限にとどめてくれた」と。

「本当に上弦の鬼来たのか?」「そんな強いの?そんな…」善逸に何を聞かれても、うなずくしかない炭治郎。

「何か一つできるようになってもまたすぐ目の前に分厚い壁がある」とぼろぼろ泣く炭治郎に、善逸も涙がこぼれ始める。

 

だが伊之助は「弱気なこと言ってんじゃねぇ!!」と炭治郎に向かって大声を上げた。「なれるかなれねぇかなんてくだらねぇこと言うんじゃねぇ!信じると言われたならそれに応えること以外考えんじゃねぇ!」「死んだ生き物は土に還るだけなんだよ、べそべそしたって戻ってきやしねぇんだよ」「悔しくても泣くんじゃねえ、どんなに惨めでも恥ずかしくても生きてかなきゃならねえんだぞ!」

そう言う伊之助自身、かぶり物からからあふれるぐらいに涙をこぼしていた。

それを指摘する善逸に伊之助は思い切り頭突きし、刀を振り回すと、「修行だ!!」と言って炭治郎の羽織を引っ張り、ぼかすかと殴りかかった。

 

煉獄の訃報はただちに産屋敷邸や他の柱たちへ伝えられた。

産屋敷耀哉は煉獄の訃報を聞くと、煉獄が二百人の乗客を守り切ったことを褒め称え、「寂しくはないよ、私ももう長くは生きられないだろうから」と言った。

 

胡蝶しのぶ
ああ…。ここまで来るとさすがにもう涙で言葉が出ません…(TдT)。 …。 …。 …。 失礼しました。グスッ 自分が死ぬときにまで「時間の流れは止まってくれない」なんて、煉獄さんの身も蓋もないほどのシビアさと言うか、現実的にも程があるというか。 この恐ろしいほどの厳しさは『鬼滅の刃』の物語全体を通して一貫したものですが、この厳しさに対する答えの一つが伊之助のセリフです。「死んだ生き物は土に還るだけ」とこちらも同じくらいシビアですが、”だからこそ”生きている間は前に進まなければならないんだ、と痛切に訴えかけています。 また、三人が三人とも涙を流し、感情を表に出すところもポイントの一つです。男女問わず、嬉しい時には笑い、悲しい時には涙を流すことは、結果的に気持ちを楽にする近道となりますし、それができる仲間がいるというのは本当に貴重なことです。

 

 

第67話「さがしもの」ネタバレと感想

 

製薬会社を営むある家の居間で、夫婦が自分たちの息子について客に話していた。血の繋がりは無いが情が通じ、跡を継がせようと思っていること、皮膚の病のために昼間は外に出られないということなどを。

その当人は書斎で何かの本を開いていたが、その部屋の開いた窓のすぐ外には上弦の参の鬼、猗窩座が控えていた。

子供は鬼舞辻無惨だった。

 

鬼舞辻は猗窩座に青い彼岸花を探すよう命じているらしかったが、猗窩座は見つけられていなかった。代わりに鬼殺隊の柱を一人殺したことを報告したが、鬼舞辻はそれを聞いて「お前は思い違いをしている」と猗窩座に強い力を加え始めた。

猗窩座の体がミシミシと音を立て、皮膚に亀裂が入ってゆく。

 

鬼が人間に勝つのは当然のことで、鬼舞辻の望みは鬼殺隊の殲滅(せんめつ)だと言うと、炭治郎たち柱以外の鬼殺隊隊士を殺さず戻ってきたことを鬼舞辻は責めた。猗窩座の体は全身ヒビだらけとなり、目や口からも血が流れ出している。

猗窩座が炭治郎の一撃を受けたことを「上弦の参も堕(お)ちたものだな」と言って猗窩座を下がらせた。

 

猗窩座はその場を離れて炭治郎の投げつけた刀を手に取ると、何度も滅茶苦茶に叩きつけた。

炭治郎の顔が脳裏に浮かび、「次会った時はお前の脳髄をぶちまけてやる!!」と叫びながら。

炭治郎の日輪刀はぼろぼろの破片となってあたりに散らばった。

 

炭治郎たち三人は蝶屋敷に戻ったが、腹の傷が深いにもかかわらず、炭治郎はある日こっそりと煉獄の生家へ向かう

家の前では煉獄によく似た少年がうつろな表情で掃き掃除をしていた。煉獄の弟、千寿郎だった。

炭治郎はぺこりと頭を下げ、煉獄からの言葉を伝えに来たと言ったが、その時屋敷の中から一人の男性が出てきて千寿郎に怒鳴った。煉獄の父、槇寿郎(しんじゅろう)だった。

煉獄のことを「大した才能もないのに剣士などになるからだ、愚かな息子だ」などと言う槇寿郎に、炭治郎は怒りを感じずにいられなかった。

 

胡蝶しのぶ
煉獄の生家へ炭治郎を連れて来てくれたのは煉獄の鴉でした。 鬼殺隊隊士には伝令等を伝えるための鴉が与えられていますが、これは鴉を始めとする鳥たちが夜明けに鳴く生き物だからかもしれません。 夜明けが来ると鬼は太陽の光を浴びて死んでしまいますが、鬼殺隊の戦いそのものに夜明けが訪れ、鬼が全て滅ぶことを待ち望ぶ意味が含まれているように思えます。

 

第68話「使い手」ネタバレと感想

 

煉獄の最期の言葉を伝えにやって来た炭治郎の前で、煉獄の父・槇寿郎は煉獄のことを「大した才能は無かった、死ぬに決まってるだろう」と罵倒し、涙を浮かべる弟・千寿郎に向かって「いつまでもしみったれた顔をするな」と怒鳴った。

その言い方をあまりにひどいと咎める炭治郎だが、槇寿郎は炭治郎の言うことを聞こうともせず、追い払おうとする。

 

だが、その耳に付いた耳飾りを見ると動揺のあまり持っていた酒壺を取り落とし、炭治郎を指さして「日の呼吸の使い手だな?そうだろう!」と問いただした。

炭治郎には”日の呼吸”が何のことかわからないが、槇寿郎は炭治郎をその場に力任せに押し倒した。

その素早さを見て「素人の動きではない」と感じる炭治郎。

 

千寿郎が父を止めようとするが、槇寿郎は千寿郎を殴りつけ、千寿郎はその力の強さに倒れ込んだ。

それを見て我慢できなくなった炭治郎は、槇寿郎に「いい加減にしろこの人でなし!」と一撃を加えた。

煉獄を侮辱し、千寿郎をを殴る槇寿郎に向かって怒りの言葉をぶつけるが、槇寿郎は炭治郎が「俺たちのことを馬鹿にしている」と言う。炭治郎にはそれが何のことかわからないが、炭治郎の耳飾りは「”日の呼吸”の使い手だと書いてあった」と言う。

 

それを聞いて日の呼吸はヒノカミ神楽のことだろうか、と思い当たる炭治郎。

槇寿郎は、「日の呼吸は一番初めに生まれた始まりの呼吸であり、全ての呼吸はその派生に過ぎない。火も水も風も全てが”日の呼吸”の劣化版にすぎない」のだと言った。

だが、炭治郎の家は代々炭焼きであり、家系図もある。

 

それよりも槇寿郎に「調子に乗るな」と言われた炭治郎は「俺が自分の弱さにどれだけ打ちのめされてると思ってんだ」と泣きながら言い返さずにいられなかった。

「煉獄さんの悪口を言うな」と槇寿郎に向かって行く炭治郎だが、元”柱”である槇寿郎は炭治郎を軽々と打ちのめす。

だが炭治郎は、もしヒノカミ神楽が”日の呼吸”だったなら、それほど凄い呼吸だったならなぜあの時煉獄を助けられなかったかと思わずにいられない。

ついに炭治郎はその拳をかわして槇寿郎に頭突きを喰らわせることに成功した。

 

煉獄の家で、自分が煉獄の父に頭突きを喰らわせてしまったことに「やってしまった」とものすごく落ち込む炭治郎。

だが千寿郎は炭治郎に礼を言い、「すっきりしました、兄を悪く言われても僕は口答えすらできなかった」と話す。

炭治郎は千寿郎に煉獄の最期の様子を伝え、その後、槇寿郎がよく見ていたという書物を千寿郎が持ってきてくれた。

二人でページをめくるが、その中身に思わず顔が引きつる二人だった。

 

胡蝶しのぶ
”ヒノカミ”神楽の”ヒ”は、”火”ではなく”日”、つまり太陽のことなのでしょうか?”炎の呼吸”を”火の呼吸”と呼んではならないのは、”日の呼吸”とはっきり区別するためだったのかもしれません。 そう言えば、鬼は”十二鬼月””上弦”など、”月”をイメージするような単語が使われています。鬼殺隊と鬼はそれぞれ”太陽”と”月”を象徴としているのかもしれません。

 

第69話「前へ進もう少しずつでも構わないから」ネタバレと感想

 

千寿郎が持って来てくれた「二十一代目炎柱ノ書」は、中が破かれてずたずたになり、ほとんど読むことができなかった。千寿郎によると、おそらく父が破いたのだろうということだった。

”ヒノカミ神楽”や”日の呼吸”について何もわからなかったことを謝る千寿郎だったが、炭治郎は「自分のやるべきことはわかっている、鍛錬することだ」と答え、自分の技に体が追いついておらず、舞いの手順を知るヒノカミ神楽ですら使いこなせなくて、全集中の状態で使うと体が思ったように動かなくなると話した。常中ができれば日一日と体力は上昇するが、一瞬で強くなれるわけではない。

 

煉獄と猗窩座が戦っていたあの時、自分がもっと強かったら、一瞬で煉獄を助けられるくらい強くなる方法があれば、と炭治郎はずっと考えていた。だが、そんな都合のいい方法はない。今の自分ができる精一杯で前に進むしかないのだ。

煉獄のような強い柱に「必ずなります」と千寿郎の前で炭治郎は宣言した。それを聞いて千寿郎の眼にも涙が浮かぶ。

 

煉獄には”継子(つぐこ)”がおらず、炎柱の継承は断たれる。本来なら千寿郎が継子として柱の控えとなるはずだったが、千寿郎の日輪刀はどれだけ稽古をつけてもらっても色が変わらなかった。

剣士になるのはあきらめ、それ以外の形で人の役に立てることをする、炎柱の長い歴史に傷がつくが、兄はきっと許してくれるだろう、と言って千寿郎は涙をぽたぽたこぼした。

炭治郎もそれを聞いて「正しいと思う道を進んでください」と言う。

 

千寿郎は、別れ際、炭治郎に煉獄の日輪刀の鍔(つば)を差し出した。

「こんな大切なものは受け取れない」と言う炭治郎だが、千寿郎の「持っていて欲しい、きっとあなたを守ってくれる」という言葉に炭治郎も承諾する。

 

炭治郎が帰った後、千寿郎は煉獄の最期の言葉を伝えようと父の部屋をおそるおそる開けた。

槇寿郎は「くだらん」「どうせ俺への恨みごとだろう」と怒鳴るが、千寿郎は引き下がろうとして一瞬留まり、「体を大切にしてほしい」と口に出した。「兄上が父上へ遺した言葉はそれだけです」と。

千寿郎が行ってしまうと、槇寿郎は持っていた酒壺から酒を飲もうとするが、煉獄の顔が脳裏に浮かび、酒壺を打ちつけるように再び置くと、「…杏寿郎!」息子の名前を呼んでうめくように泣き出した。

 

炭治郎は傷の痛みをこらえて蝶屋敷の近くまで帰って来た。

だが、門前で炭治郎を待ち受けていたのは、頭に二本の出刃包丁をくくりつけ、両手にも出刃包丁を構えた鋼鐵塚(はがねづか)だった。

炭治郎が日輪刀を失くしたことに怒り狂い、「万死に値する」と炭治郎を包丁を持って追いかける鋼鐵塚。夜明け近くまで二人の鬼ごっこは続いた…。

 

胡蝶しのぶ
炭治郎は水の呼吸の使い手ですが、今話で千寿郎から煉獄さんの刀の鍔を受け取ることにより、炎の呼吸の剣士の遺志をも受け継ぐこととなります。水と炎が炭治郎の中に同居するわけですが、これは今後の戦いに何か影響してくるのでしょうか…? また、煉獄さんの父上は息子を罵倒するようなことばかり言っていましたが、最期の言葉を聞いて思わず泣き出します。本当は悲しくとも、悔しさや無力感、今の自分への嫌悪感があのような言葉にならざるをえなかったののかもしれません。

 

第70話「人攫(ひとさら)い」ネタバレと感想

 

煉獄の死から四か月が過ぎようとしていた。炭治郎たち三人は毎日鍛錬をしながら合間に入る指令に従い鬼を倒しに行った。一人で行く任務の時も善逸は駄々をこねなくなり、伊之助は以前よりさらに猪突猛進になった。

三人での鍛錬の日々は続いた。

 

そんなある日、炭治郎が任務から帰ってくると、蝶屋敷で炭治郎の面倒を見てくれていた神崎アオイやなほが音柱・宇髄天元(うずいてんげん)に抱きかかえられて連れ去られようとしていた。

アオイはカナヲに助けを求めるが、カナヲは宇髄が柱であり、これは任務であること、しのぶのこと、銅貨のことなどが同時に頭によぎり、自分がどうするか決めることができない。

銅貨を投げて決めようと考えるが、その時炭治郎に言われた「心のままに」という言葉が浮かび、アオイとなほの洋服をつかんで引き留めようとする。

 

引っ張るばかりで何も言わないカナヲに宇髄は大声を張り上げるが、他の少女たちも宇髄に突撃し、炭治郎がやって来た時には宇髄は女の子に群がられているのか捕まっているのかわからないような状態になっていた。

宇髄に向かって炭治郎は頭突きを仕掛けるが、攻撃が当たる寸前に宇髄の姿は消え、攻撃は空振りに終わり、宇髄は屋敷の屋根の上に移動していた。

宇髄は”元忍(しのび)”として派手にその界隈に名を馳せた男だった。

 

「任務で女の隊員がいるからコイツらを連れて行くんだ」という宇髄に向かって、炭治郎は「代わりに俺たちが行く」と名乗りを上げた。善逸、伊之助もいつの間にか宇髄の隣に立っている。「行ってやってもいいぜ」と余裕の伊之助、「アアアアアオイちゃんを放してもらおうか」とガクブル状態ながら気概を見せる善逸。

そんな三人に宇髄は一瞬やり返す様子を見せたが、急にアッサリ引き下がり、炭治郎たちが来ることを承諾した。

 

蝶屋敷を出た後、「どこに行くんだ」と尋ねる伊之助に宇髄は「日本一色と欲にまみれたド派手な場所」と答える。

よくわからない顔をする炭治郎と伊之助だが、善逸にだけはピンと来たようだ。

鬼の棲む遊郭だよ」と宇髄は言った。

 

胡蝶しのぶ
那田蜘蛛山で禰豆子を追った時はただ指示に従うだけだったカナヲですが、今回は柱の宇髄に逆らおうとする気構えを見せます。炭治郎の言葉でカナヲも少し成長しているようです…! さて、次の舞台は遊郭。町育ちで女の子大好きの善逸はちょっと嬉しそうですが、遊郭は主に女性が働く場所。三人はどうやって忍び込むのでしょうか…?

次の巻を読む

 

鬼滅の刃「8巻」(62話~70話)を無料で読む方法

鬼滅の刃 U-NEXT

胡蝶しのぶ
鬼滅の刃のネタバレと感想をご紹介しましたが、実際に読んでみたい!と思われた方も多いのではないでしょうか?

そんな方のために、鬼滅の刃「漫画」を無料で読む方法をご紹介します。

 

鬼滅の刃を無料で読む方法

動画配信(VOD)サービスの無料期間を利用しよう!

 

この無料期間を利用することで

・鬼滅の刃 漫画が無料
・鬼滅の刃 アニメも無料

で楽しむことができます。

 

動画配信サービスは別名、VOD配信(ビデオオンデマンド)と言われていて、現在さまざまな企業がサービス提供を行っています。

胡蝶しのぶ
ではまず、VOD配信を行っているサービスの比較を行ってみましょう。
鬼滅の刃
マンガ
鬼滅の刃
アニメ
無料期間 動画本数 利用料
U-NEXT
1冊無料
31日間無料 140,000本以上 月額1990円(税抜)
FODプレミアム
2冊無料
2週間無料 20,000本以上 月額888円(税抜)
Hulu × 14日間無料 50,000本以上 月額933円(税抜)
Amazonプライム × 30日間無料 64,000本以上 年間4,900円(税抜)
dアニメストア × 31日間無料 38,000本以上 月額400円(税抜)

比較してみると分かるのが「U-NEXT」と「FODプレミアム」のみが鬼滅の刃のアニメ、マンガの両方に対応しているということ。

どうせならマンガもアニメも楽しめたほうが良いですよね

 

ということでオススメなのはU-NEXT」と「FODプレミアム」の2つという結論になります。

 

それぞれのサービスの特徴や登録方法は以下で詳しく説明していきますね。

U-NEXTならマンガもアニメも無料期間に見れる!

胡蝶しのぶ
とりあえず、鬼滅の刃のマンガ1冊とアニメ見放題を試したいならU-NEXTで十分ですよ。

U-NEXT

U-NEXTの特徴

  • 動画見放題の配信数がNo.1
  • 鬼滅の刃アニメ・マンガ両方対応
  • 1アカウントで4人同時利用できる
  • 幅広いジャンルに対応。アダルトもあり
  • 31日間の無料期間内に楽しめる!

ポイントは鬼滅の刃のアニメについては1話~26話まで全話見放題

マンガについては初回登録時にもらえる600ポイントを使えばお好きな1巻を無料で読むことが可能です。

U-NEXT 無料でもらえるポイント600

また、本会員になると毎月1200ポイントがもらえるので鬼滅の刃2冊を読むことができます。(一冊あたり418~459ポイントで読めます)

動画本数が圧倒的No.1なので鬼滅の刃を見終わってしまっても飽きること無く動画を楽しむことができる!ということでU-NEXTがイチオシなんです。

登録に必要なもの

・メールアドレス
・クレジットカード

登録には「メールアドレス」と「クレジットカード」が必要です。

もし、クレジットカードをお持ちでない方はスマホのキャリア決済にも対応しているのでそちらを入力することもできます。

キャリア決済は
ドコモ、au、SoftBankどれかの携帯電話を使っていればクレジットカード無しでも登録ができます。
胡蝶しのぶ
具体的な登録方法は以下で説明しますね。

U-NEXTの登録方法

①まず、U-NEXTのサイトにアクセスします。

U-NEXT 登録方法

②鬼滅の刃のマンガ、その下にアニメが表示されていますのでお好きな方の「今すぐ読む」をタップします。

U-NEXT 登録方法

③お名前や電話番号などの情報を入力し、最後に「次へ」をタップします。

④その後、クレジットカードの情報を入力し「次へ」をタップします。
※無料体験の期間が表示されますのでしっかりチェックし、メモをしておきましょう。

⑤メールに登録完了の通知が届いたのを確認して完了です。

メモ

登録後はスマホアプリから、また、パソコンから鬼滅の刃アニメやマンガを見ることができます。

鬼滅の刃 マンガ

鬼滅の刃アニメなら31日、見放題!

鬼滅の刃を無料で読める「U-NEXT」へ

途中解約してもお金はかかりません(^^)

 

もっと鬼滅の刃が読みたい!ならFODプレミアム

FODプレミアム

FODプレミアムの特徴

  • 無料期間中に3冊の鬼滅の刃が読める
  • 鬼滅の刃アニメ・マンガ両方対応
  • 電子書籍購入で20%ポイントバック
  • フジテレビ系列の見逃し配信が充実
  • 2週間の無料期間内に楽しめる!

U-NEXTでは1巻分が無料体験期間中に読めますが、それだけでは物足りない・・・という方は「FODプレミアム」がおすすめです。

FODプレミアムはフジテレビ系列の動画配信・漫画配信サイト。
鬼滅の刃については単行本(漫画)も見れますし、アニメ(動画)も全話配信中です。

FODプレミアムで鬼滅の刃を読むにはポイントを消費する必要があるのですが、無料登録後以下のタイミングでポイントが付与されます。それを使って4冊程度が無料で読めてしまうんです

FODプレミアム ポイント付与

上記のように8の付く日(8日、18日、28日)に各400ポイント=合計1200ポイント。
また初期登録時には100ポイントがもらえるので合計900ポイントが貰えます。

鬼滅の刃は1巻あたり380ポイント~418ポイントで読めますので合計2冊程度が無料で読める計算になりますね

ポイント

FODプレミアムは1冊読むと20%分のポイントバックがあります。380ポイントで1冊読んだ場合76ポイントのバックがありますのでそれを活用することで最大2冊ほど無料で読めることになります。

鬼滅の刃 マンガ

単行本が約2冊無料!アニメ見放題!

「FODプレミアム」の2週間無料体験はこちら

途中解約してもお金はかかりません(^^)

無料期間は2週間ですので、継続の必要が無い場合は解約するのをお忘れなく!

【鬼滅の刃】アニメを無料で見る方法。

-ネタバレ感想

Copyright© 【鬼滅の刃】ネタバレまとめ【鬼滅マニあ】 , 2020 All Rights Reserved.