ネタバレ感想

鬼滅の刃13巻ネタバレ【無料で読む方法】あらすじ&感想(107話~115話)

鬼滅の刃13巻を無料で読む方法(ページ下へジャンプ)

分裂して四体になった上弦の肆、半天狗は時透をリングアウトさせ炭治郎、禰豆子、不死川の三人でこの鬼を倒さなければならなくなった

柱を書いた上に人数で劣る炭治郎たちは果たしてどうなるのだろうか。

突風で飛ばされた時透だったが、小鉄らを助けていく中で上弦の伍、玉壺と先頭になった。

彼はもう既に何人もの刀鍛冶を殺していた。しかし、得体の知れない能力に苦戦している時透は小鉄らを守るために敵の毒針を食らってしまった。

そして敵の血鬼術に囚われた彼は反撃をするためにもがくが上弦の強さは本物であるようだった。

鬼らの血鬼術で破壊され続ける街に恋柱、甘露寺が救援にきてくれた。

彼女は里の長を救い、街にはびこる敵をも殲滅した。それは劣勢に陥っている炭治郎たちにとっては願っても無い吉報であった。

刀身を赤く染めた炭治郎は圧倒的な成長スピードと強力なヒノカミ神楽で鬼を追い込む。

そして不死川も善戦し、四体の鬼の首を同時に切り落とすことができたが、鬼はまだ生きている。

そしてすぐに炭治郎は5体目の鬼の存在に気がつく。

その鬼の首を狙っている間に不死川は炭治郎をかばって瀕死の重症を折ってしまったが、ほぼ同時に炭治郎の刃は鬼の本体の首に届いていた。

鬼滅の刃(単行本)ネタバレ&あらすじ
▶1巻 ネタバレ ▶2巻 ネタバレ ▶3巻 ネタバレ ▶4巻 ネタバレ ▶5巻 ネタバレ
▶6巻 ネタバレ 7巻 ネタバレ 8巻 ネタバレ 9巻 ネタバレ ▶10巻 ネタバレ
▶11巻 ネタバレ ▶12巻 ネタバレ ▶13巻 ネタバレ 14巻 ネタバレ 15巻 ネタバレ
16巻 ネタバレ 17巻 ネタバレ 18巻 ネタバレ 19巻 ネタバレ  

 第107話「邪魔」ネタバレと感想

不死川は二人の鬼の首をはねたが、炭治郎はこの鬼の特性を見抜いていた。

それはこいつらは首を落とすと分裂し、若返り強くなるということだった。

そのため不死川が二人の鬼の首をはねたため、鬼は4匹となった上さらに4匹とも能力が違った。

 

そして不死川は増えた鬼に急所を突かれた。飛べる能力のある鬼にさらわれていた炭治郎は禰豆子に不死川を手助けするようにと言い残した。

炭治郎をさらった鬼は何やら口から波動のようなものを至近距離で炭治郎にお見舞いした。

モロに食らった炭治郎は空中から落とされ必死に枝を掴んで着地をしようとした。なんとか怪我をせずにおりたものの体が痺れて動けない。

 

そんな中、先ほどの鬼が追い打ちをかける。

突風で飛ばされていた時透はすぐに鬼の元に戻ろうとしていた。その道中小鉄が鬼の術で生み出された敵に襲われていた。

しかし、彼は優先順位をつけた結果彼を救うのは時間の無駄だと判断したが、その時炭治郎の「人のためにすることは巡り巡って自分のため」という言葉が頭をよぎる。気づくと彼はその少年を助けていた。

 

鱗滝左近次
瞬時に鬼の能力を見抜いた炭治郎であったが、結局鬼のパワーアップを防ぐことはできなかった。さらに強力になり、数も増えた鬼を炭治郎はどうやって倒そうとするのだろうか。助けに来たはずの不死川も増えた鬼に急所を刺されおそらく瀕死(ひんし)の重傷であろう。いきなり窮地(きゅうち)に追い込まれた炭治郎たちであった。一方先ほど突風で飛ばされた時透であったが、彼にも炭治郎の純粋無垢(じゅんすいむく)な心は影響を与えていた。理屈的、合理的にしか動かなかった時透であったが「人のためにすることは巡り巡って自分のため」という炭治郎の言葉が彼を大きく変えた。昔の彼ならば確実に見捨てていたであろう小鉄を救い出そうとした。炭治郎の純真はどんな乾いた心にも響くようだ。その純真こそが炭治郎の一番の魅力だろう。

 

 第108話「時透君ありがとう」ネタバレと感想

首を切っても死なない敵に相対した時透であったが、敵を冷静に分析し敵の上にあった壺を砕くとその敵は死んだ。

そしてすぐさま炭治郎らのところへ加勢に行こうとする時透だったが、小鉄が言うには鉄穴森も鬼に襲われているという。

時透は小鉄を抱え彼らの元に急行する。追い打ちをかけられていた炭治郎はとっさに鬼の頭を二つに切った。

 

案の定、鬼は分裂したが鬼の攻撃はどうやら分裂すると弱まるようだ。

その場で炭治郎が立てた仮説は四体、つまり喜怒哀楽の文字を持った鬼の状態が一番強く、それ以上に分裂すると彼らは弱体化するだろうというものだ。

そして炭治郎は現在「喜」の文字を持った鬼と戦っている。

すぐにでも不死川たちの応援に行きたい炭治郎は鬼の頭を真っ二つに切る。

一方、不死川たちはなんとか鬼と戦っていた。急所を刺されたはずの不死川だったが、なんと生きており鬼に渾身の一発を打ち込む。

 

鱗滝左近次
炭治郎の純真により、何か心の変化が起きている時透であるが、彼の下した判断は果たしてこの刀鍛冶の里を助けるためには正しい判断だったのかは疑わしいところだ。小鉄や鉄穴森を助けている間に炭治郎たちがやられ、彼一人では残りの鬼らに太刀打ちできず、この里が壊滅するのが最悪のシナリオだ。しかし、時透と炭治郎が逆の立場であったなら、炭治郎は絶対に小鉄を見捨てたりはしなかっただろう。それが彼の生き様であり、人間としての尊厳であるように思える。それは同時に人間だけが発揮できる強さの源にもなり、鬼を倒すための刃となるものである。だがしかし、炭治郎たちは苦戦を強いられている状況は好転しない。だが、炭治郎も鬼の能力の謎を暴きつつある、また不死川も能力なのかそれとも持ち前の圧倒的タフネスなのかはわからないが、急所を刺されても意に介していない。彼らの戦いは熾烈(しれつ)を極めてくだろう。

 

第109話「死なない」ネタバレと感想

一発打ち込んだ不死川だったが、やはり上弦の鬼は簡単には死なず、逆に痛恨の一撃を受けた。

攻撃を食らった不死川はなぜか念仏を唱え出した。

そして鬼が不死川のとどめを刺そうと頭に一撃を入れると気づけば彼は鬼の後ろに回っていた。

 

動けないほどの重症なはずであるのにもかかわらず。

そして逆にチャンスになった不死川だが、杖を持った鬼の雷を食らってとどめはさせずにいた。

禰豆子と戦っていた鬼も少し本気を出しただけで禰豆子は胴体を粉砕されてしまった。

 

しかし、超速で再生した禰豆子は渾身の蹴りを食らわせた。

すると鬼は発火し、武器を禰豆子に奪われた。そして禰豆子がその扇を振るうと鬼は突風で飛ばされていった。

禰豆子はその突風を杖を持った鬼にもくらわせようとしたが、逆に攻撃をくらい窮地に立たされる。

炭治郎もまだ、鬼と戦闘中で彼らを助けには行けそうにない。しかし、そんな中致命傷を食らっているはずの不死川はまだ念仏を唱えていた。

 

鱗滝左近次
炭治郎たちはどうやら妓夫との戦いでパワーアップしていたようで皆不利な状況であるが、命をとどめていた。しかし、ピンチには変わりがなかった。不死川は致命傷を何度も受け瀕死。だが、禰豆子は一人の鬼の武器を奪いそいつを突風で遠くに飛ばした。しかし、杖を持った鬼に動きを止められてしまった。炭治郎も一向にみんなを助けにはいけない。どの鬼とも皆戦えてはいるが決定打に欠けている。さらに杖を持ち雷で攻撃をしてくる鬼にだけはまだ誰も有効な攻撃をできていない。もしかするとその鬼が本体なのかもしれないが、真相はわからない。一方不死川は何度も致命傷を受けているが決して倒れないという異常なタフさを見せているがついに観念したのか念仏を唱え始めていた。しかし、観念したのではなく最後には彼は鬼を倒すとのたまっていた。果たして彼の隠された力とはどんなものなのか。

 

第110話「あばら屋でこそこそ」ネタバレと感想

炭治郎は飛んでいる鬼を剣で突きながら、皆がいる屋敷へ突っ込んでいった。

そこでは禰豆子が杖に刺され雷を浴びせられ続けていた。

炭治郎を討ち取ろうと杖で応戦する鬼だったが、炭治郎は先ほどの飛ぶ鬼の足でその攻撃を流した。

 

同じ細胞からなる鬼たちは攻撃を通さないと踏んだ炭治郎の分析力が功を奏した。

しかし、片手では上弦の首は切れないと踏んだ炭治郎は舌を狙った。

そうやら舌を切られるとこの鬼たちは回復が少し遅れるようだった。その隙に禰豆子を助けた炭治郎だったが、彼はその隙を逆に鬼に利用された。

 

しかし、間一髪禰豆子の助けが間に合った上に禰豆子の血でまた鬼は発火した。

しかし、先ほど突風で飛ばされた鬼が扇で今までよりも強い突風で彼らを攻撃し、下の階まで落ちた炭治郎らは気を失ってしまった。

鉄穴森を助けに行った時透であったが、一瞬のうちにその敵を始末した。

そして彼は刃こぼれをしている時透の新しい刀を渡すため、鋼鐵塚がいる小屋へと向かった。しかしそこには上弦の伍、玉壺がいた。

 

鱗滝左近次
ようやく禰豆子たちに合流できた炭治郎はすぐさま禰豆子を救うことができた。彼が来なかったら彼女はどうなっていたことか。これも修行の成果であろうか。炭治郎の戦闘スキルは格段に上昇しており、洞察力や冷静さは前の比にならないほどである。その洞察力で鬼たちの弱点や特徴を次々暴いていく姿には上弦を倒していく希望が垣間見える。しかし、相手も上弦の鬼。一筋縄ではいかず逆に三人の強力な鬼に炭治郎と禰豆子は破れてしまう。一体彼らはどうなるのか。一方時透であるが、鉄穴森を助けたが、そこにも上弦の鬼、玉壺がいた。彼の能力はまだ何もわからないが、強いことには間違いない。つまり、時透は炭治郎たちの応援には今すぐには行けなくなってしまった。時透の敗北ですらありえるのだから。窮地の炭治郎らには助けは来ない。そして時透は一人で上弦の鬼を相手しなければならない。鬼殺隊サイドは完全に窮地に追い込まれた。

 

第111話「芸術家気取り」ネタバレと感想

上弦の鬼、玉壺は刀鍛冶を何人も殺しそれを生け花のように活けて作品とのたまっていた。

その殺された刀鍛冶の中にはどうやら小鉄の叔父さんもいたようだった。

作品解説をする玉壺に時透はひたひたと怒っていた。

 

そんな玉壺に切りかかった時透出会ったが鬼は壺から壺へと移動できるようで難なく避けられたが、その仕組みに気がついた時透は続く攻撃で壺を割った。

だがしかし、これだけ攻撃を避けるというのは首を切れば死ぬということの裏返しであろう。

鬼の血鬼術で出てきた金魚は幾千の毒針を吐き出してきたが、小鉄たちを守るために身を呈した時透は毒を食らってしまった。

 

そして鬼が壺を使った攻撃をしてきたが、それを食らった時透は壺の中の水に囚われてしまった。

時透がそれを切ろうとしても切れない上に、鬼狩りの最大の武器である呼吸を止められてしまった。

時透も第ピンチに追い込まれてしまった中、近くの地域に任務で派遣されていた恋柱が応援にかけつけていた。

 

鱗滝左近次
炭治郎のおかげかわからないが心に変化が起きている時透は身を呈してまで一般人を助けていた。しかし、それは彼をより一層ピンチに追い込んでしまった。敵の水に満たされたツ壺に囚われてしまった時透はそこから抜け出す手段を見出せないでいた。さらに、鬼狩りの最大の特徴と言える呼吸を封じられた今時透はただの剣士になってしまった。しかし、これだけで終わらないのが柱である。きっと奥の手を隠しているであろう。さらに朗報なのは近くで任務にあたっていた恋柱が刀鍛冶の里に救援に駆けつけてくれていたのだ。これで戦力が集まりつつある刀鍛冶の里での戦いはついに本戦へと入っていくのだろうか。

 

第112話「遷移変転」ネタバレと感想

敵襲を知らせる鐘が鳴り響く刀鍛冶の里では各一族の長を守ったり柱の刀を守ったりと技術こそが価値あるものであった。

しかし、鬼の血鬼術で作り出された敵は街を壊滅に追い込んでいた。

刀鍛冶の里に常駐している鬼殺隊員もあっけなくやられ大ピンチを迎えている。

 

しかし、そこにようやく恋柱が到着し、鬼の殲滅(せんめつ)に取り掛かる。

その鬼殺隊員をあっさり殺してしまった敵だったが、柱である甘露寺の前では雑魚同等であった。

一瞬でその敵をひねってしまった。

その敵がたった今殺そうとしていた刀鍛冶はこの里で最も優れた技術を持っている長、鉄珍であった。

 

しかし、甘露寺のおかげでどうやら一命はとりとめたようだった。

一方炭治郎たちはというと、突風を受けて気絶していたが、禰豆子が早くに意識を取り戻し、敵の追撃から逃れていた。

しびれを切らした鬼は屋敷ごと突風で破壊してしまった。

瓦礫の下敷きになってしまった禰豆子だったが、彼女は炭治郎に置いて行かれると思ったのか炭治郎の剣を離さない。

禰豆子の手から滴る(したたる)血は炭治郎の剣を染める。すると炭治郎の剣が発火した。そして不思議なことに黒い炭治郎の刀が赤色に染まった。

 

鱗滝左近次
刀鍛冶の長はこの里で最も技術力の高い刀鍛冶であり、命に優先順位をつけるのならば彼が一番その優先順位が高いであろう。しかし、彼を護衛するはずの鬼殺隊員は鬼の血鬼術のもとあっけなく敗れ、彼は殺されかけていた。しかし、甘露寺のおかげで彼は一命をとりとめた。甘露寺がこの里に到着するのがもう少し遅いだけでこの里を襲ったであろう甚大(じんだい)な被害は想像しただけでも恐ろしい。 一方未だ崖っぷちの炭治郎であったが、禰豆子のとっさの思いつきで炭治郎の刀は発火し、黒いはずの刀身はあの伝説の鬼狩りと同じ赤に変わった。爆血刀とその刀は新たに名をもらい炭治郎に鬼たちに反撃の狼煙を上げるための力添えをしてくれる。

第113話「赫刀」ネタバレと感想

普段は黒なのに、戦う時になると刀は赤くなるのですね。」と謎の女が言う。

それは炭治郎の遺伝した記憶の中で起きていた。

この燃える剣を見た鬼たちは小細工だと一笑にふすが、彼らの中の鬼舞辻の遺伝した記憶がその姿に反応する。そう、今炭治郎が持っているような真っ赤な刀身を持った鬼狩りが三百年前、鬼舞辻の首にまで迫った唯一の人間であった。

 

そしてその鬼狩りの姿は今の炭治郎とどうしてか重なって見えるのだ。

炭治郎はヒノカミ神楽、日暈の龍・頭舞いで鬼三体を一気に倒してしまった。

その大技を繰り出した瞬間は炭治郎が妓夫を倒した時、すなわち終えるように熱くなった身体中の感覚と酷似していた。

もう一体の首を落とそうと周りを見渡すと不死川がもう既に一人の鬼の首をとっていた。

 

四体同時に首を落としたがなぜか鬼は死なないでいた。しかし炭治郎は一つの懸念があった。

それは五体目の鬼の匂いであった。

鬼を一体倒した不死川であったがどうやら様子がおかしい。

目は黒く染まり、よだれが止まらないようだ。炭治郎の首を掴みながら、柱になるのは炭治郎でなく俺だと叫んでいる。

そんな中、「怒」の鬼はもう回復し攻撃を仕掛けてきた。しかし炭治郎はそんな状況の中で五体目の鬼を見つけることに成功した。

 

鱗滝左近次
炭治郎と鬼舞辻の記憶の遺伝の中に現れる耳飾りのつけて額にあざがある鬼狩りの刀はどうやら普段は漆黒の刀身のようだが、戦う時にはその刀身は赤に変わるようだった。そしてその姿は赤い刀身の刀を振るう炭治郎の姿と重なって鬼たちには見えていた。やはり、彼らの間には何か鬼舞辻を倒すための大切なヒントが眠っているように思える。炭治郎はその何かを見いだすことが鬼舞辻を倒すための絶対条件のようだ。そして気づかぬうちに不死川は鬼を倒していたが、彼はなんだか様子が変であった。まるで鬼のようにと誰を垂らしたり、なお凶暴性が増しているように感じた。彼の能力も未だ闇に包まれている。四体同時に首を切れたが、鬼は死なない。そして炭治郎は五体目の鬼の存在を仮定するがその嫌な予感は当たったが、その本体はなんとも弱そうであった。決着の時はそう遠くないのかもしれない。

第114話「認められたかった」ネタバレと感想

不死川に本体の鬼を任せ炭治郎は鬼の足止めに徹していた。

彼の成長力は常軌を逸しており、鬼の想定をはるかに超えていた。

禰豆子もどうにか戦っていたが、妓夫の時のように彼女はまた暴走しかけている。

 

そして炭治郎も鬼の連続攻撃を食らってピンチである。

不死川は本体を探しているが、その姿は彼には見えず認識できているのは炭治郎だけであった。

しかし、それもそのはず本体の鬼はまるで小人のような小ささであったからだ。

野ねずみ程度しかないその鬼を見つけた不死川だったが、その鬼の首めがけて刀を振ったところ逆に不死川の刀が折れてしまった。

しかし、上弦の鬼の前で数秒のもたつきでもあまりある時間であった。

不死川は「怒」の鬼に首を狙われて気が付いた時にはもう避けられないところまで鬼が接近していたのだ。そして彼が死に際に思ったことは兄への思いだった。

 

鱗滝左近次
戦闘絵お重ねるごとに圧倒的な成長をする炭治郎は今回の戦闘でも変わらず成長していた。その成長は鬼らの油断を誘い不意をつくことができる。そして鬼らを焦らせ、その焦りは攻撃を鈍らせるだろう。炭治郎の伸び代は単なる伸び代ではなく、異常なほどに大きい伸び代だったのだ。現に鬼らも成長をし続ける炭治郎を誤算と見ている。やはりどんな戦いでも炭治郎はキーマンになり続けるようだった。本体を見つけた不死川だったが、その姿は野ねずみのように小さく指一本程度しかない首を切るのは造作もないように見えたが、体の大きさは関係なかった。いくら小さな体をしていても上弦の本体であるその敵の首は簡単には切り落とせない。不死川がもたつく間にも鬼の反撃が迫ってくる。彼は死に際に不仲である兄への思いが頭をよぎる。

第115話「柱に」ネタバレと感想

不死川の家族はとても小さな体で働きづめの母と母を始め兄弟にも暴力を振るい続ける父がいた。

母はそんな中でも子供たちを怯まず守ってくれていた。

ある日、母が夜遅くまで帰ってこなかった。母の帰宅を待ちわびる弟や妹たちは扉を叩く音で母親が帰ってきたと思い込み駆け出していったが、彼らは一瞬にして狼に殺されてしまった。不死川も同時に怪我をおった。

 

そして、現在は柱である兄がその狼を倒しに一人で戦いに行った。兄弟の死を認めた不死川は兄を助けに行ったが、兄の足元で死んでいるのは母だった。

混乱した不死川は母を殺した兄のことを人殺しと罵倒した。しかし、不死川は混乱して行き場のない悲しさと怒りを兄に当ててしまっただけで分かっていた。

兄弟たちを殺したのは鬼になった母だったということを。

 

そんな過去の罪滅ぼしをするために不死川は柱になり柱である兄に謝りたかったのだ。

死を覚悟した不死川だったが、間一髪炭治郎が助けた。

そして彼を激励し、もう一度首を狙うように説得する。

しかし、炭治郎は背後を取られ鬼の攻撃をモロに受けてしまうところに不死川が身を呈して守ってくれた。

そして首を切れない自分が時間稼ぎをし、炭治郎が鬼の首を切ることになった。ついに炭治郎の刃が鬼の首に届く。

 

鱗滝左近次
明かされていなかった不死川兄弟の不仲の秘密。そこには深く暗い歴史があった。呼吸も使えない弟は柱である兄に追いつくために必死で修行をし、ついに鬼殺隊に入ることができた。しかし、死を覚悟した彼は兄への贖罪(しょくざい)の気持ちを昇華(しょうか)できないでいた。しかし、炭治郎の必死の説得で命をとりとめ、再び前を向いた不死川は炭治郎を守るために身を呈した。炭治郎の純真なる気持ちはどんな人の心にも届き、暗い過去でも全て浄化し癒してくれようとする。それは人間にしかできない唯一無二の行のように感じた。

次の巻を読む

 

鬼滅の刃「13巻」(107話~115話)を無料で読む方法

鬼滅の刃 U-NEXT

胡蝶しのぶ
鬼滅の刃のネタバレと感想をご紹介しましたが、実際に読んでみたい!と思われた方も多いのではないでしょうか?

そんな方のために、鬼滅の刃「漫画」を無料で読む方法をご紹介します。

 

鬼滅の刃を無料で読む方法

動画配信(VOD)サービスの無料期間を利用しよう!

 

この無料期間を利用することで

・鬼滅の刃 漫画が無料
・鬼滅の刃 アニメも無料

で楽しむことができます。

 

動画配信サービスは別名、VOD配信(ビデオオンデマンド)と言われていて、現在さまざまな企業がサービス提供を行っています。

胡蝶しのぶ
ではまず、VOD配信を行っているサービスの比較を行ってみましょう。
鬼滅の刃
マンガ
鬼滅の刃
アニメ
無料期間 動画本数 利用料
U-NEXT
1冊無料
31日間無料 140,000本以上 月額1990円(税抜)
FODプレミアム
2冊無料
2週間無料 20,000本以上 月額888円(税抜)
Hulu × 14日間無料 50,000本以上 月額933円(税抜)
Amazonプライム × 30日間無料 64,000本以上 年間4,900円(税抜)
dアニメストア × 31日間無料 38,000本以上 月額400円(税抜)

比較してみると分かるのが「U-NEXT」と「FODプレミアム」のみが鬼滅の刃のアニメ、マンガの両方に対応しているということ。

どうせならマンガもアニメも楽しめたほうが良いですよね

 

ということでオススメなのはU-NEXT」と「FODプレミアム」の2つという結論になります。

 

それぞれのサービスの特徴や登録方法は以下で詳しく説明していきますね。

U-NEXTならマンガもアニメも無料期間に見れる!

胡蝶しのぶ
とりあえず、鬼滅の刃のマンガ1冊とアニメ見放題を試したいならU-NEXTで十分ですよ。

U-NEXT

U-NEXTの特徴

  • 動画見放題の配信数がNo.1
  • 鬼滅の刃アニメ・マンガ両方対応
  • 1アカウントで4人同時利用できる
  • 幅広いジャンルに対応。アダルトもあり
  • 31日間の無料期間内に楽しめる!

ポイントは鬼滅の刃のアニメについては1話~26話まで全話見放題

マンガについては初回登録時にもらえる600ポイントを使えばお好きな1巻を無料で読むことが可能です。

U-NEXT 無料でもらえるポイント600

また、本会員になると毎月1200ポイントがもらえるので鬼滅の刃2冊を読むことができます。(一冊あたり418~459ポイントで読めます)

動画本数が圧倒的No.1なので鬼滅の刃を見終わってしまっても飽きること無く動画を楽しむことができる!ということでU-NEXTがイチオシなんです。

登録に必要なもの

・メールアドレス
・クレジットカード

登録には「メールアドレス」と「クレジットカード」が必要です。

もし、クレジットカードをお持ちでない方はスマホのキャリア決済にも対応しているのでそちらを入力することもできます。

キャリア決済は
ドコモ、au、SoftBankどれかの携帯電話を使っていればクレジットカード無しでも登録ができます。
胡蝶しのぶ
具体的な登録方法は以下で説明しますね。

U-NEXTの登録方法

①まず、U-NEXTのサイトにアクセスします。

U-NEXT 登録方法

②鬼滅の刃のマンガ、その下にアニメが表示されていますのでお好きな方の「今すぐ読む」をタップします。

U-NEXT 登録方法

③お名前や電話番号などの情報を入力し、最後に「次へ」をタップします。

④その後、クレジットカードの情報を入力し「次へ」をタップします。
※無料体験の期間が表示されますのでしっかりチェックし、メモをしておきましょう。

⑤メールに登録完了の通知が届いたのを確認して完了です。

メモ

登録後はスマホアプリから、また、パソコンから鬼滅の刃アニメやマンガを見ることができます。

鬼滅の刃 マンガ

鬼滅の刃アニメなら31日、見放題!

鬼滅の刃を無料で読める「U-NEXT」へ

途中解約してもお金はかかりません(^^)

 

もっと鬼滅の刃が読みたい!ならFODプレミアム

FODプレミアム

FODプレミアムの特徴

  • 無料期間中に3冊の鬼滅の刃が読める
  • 鬼滅の刃アニメ・マンガ両方対応
  • 電子書籍購入で20%ポイントバック
  • フジテレビ系列の見逃し配信が充実
  • 2週間の無料期間内に楽しめる!

U-NEXTでは1巻分が無料体験期間中に読めますが、それだけでは物足りない・・・という方は「FODプレミアム」がおすすめです。

FODプレミアムはフジテレビ系列の動画配信・漫画配信サイト。
鬼滅の刃については単行本(漫画)も見れますし、アニメ(動画)も全話配信中です。

FODプレミアムで鬼滅の刃を読むにはポイントを消費する必要があるのですが、無料登録後以下のタイミングでポイントが付与されます。それを使って4冊程度が無料で読めてしまうんです

FODプレミアム ポイント付与

上記のように8の付く日(8日、18日、28日)に各400ポイント=合計1200ポイント。
また初期登録時には100ポイントがもらえるので合計900ポイントが貰えます。

鬼滅の刃は1巻あたり380ポイント~418ポイントで読めますので合計2冊程度が無料で読める計算になりますね

ポイント

FODプレミアムは1冊読むと20%分のポイントバックがあります。380ポイントで1冊読んだ場合76ポイントのバックがありますのでそれを活用することで最大2冊ほど無料で読めることになります。

鬼滅の刃 マンガ

単行本が約2冊無料!アニメ見放題!

「FODプレミアム」の2週間無料体験はこちら

途中解約してもお金はかかりません(^^)

無料期間は2週間ですので、継続の必要が無い場合は解約するのをお忘れなく!

【鬼滅の刃】アニメを無料で見る方法。

-ネタバレ感想

Copyright© 【鬼滅の刃】ネタバレまとめ【鬼滅マニあ】 , 2020 All Rights Reserved.