キャラクター

嘴平伊之助(はしびらいのすけ)まとめ【死亡・名言・声優・イラスト】

嘴平伊之助(はしびらいのすけ)まとめ【死亡・名言・声優・イラスト】

©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 

鬼殺隊、竈門炭治郎の同期。最終選別5人目の合格者
幼少期を猪に育てられた。

頭には猪の剥製を被っており、上半身は露出している。
猪の頭の下には整った美青年の顔が隠れている。

 

名前 嘴平伊之助(はしびらいのすけ)
階級 癸→庚→丙
性別 男(女の子みたいな顔をしているが)
誕生日 4月22日(捨てられる際ふんどしの裏に名前とともに書かれた)
年齢 15歳
身長 164センチ
体重 63キロ
出身地 東京府 奥多摩郡 大岳山(現、奥多摩 大岳山)
趣味 「ことろことろ」という遊び(炭治郎に教えてもらった)
好物 天ぷら(藤の花の家紋の家で食べてから)
声優(CV) 松岡禎丞

人物像・性格

野生児

野生で動物たちと力比べをして育ってきたため、とても好戦的。
猪に育てられてきたせいか人間としての常識、心が通じない部分がある。

第26話では「威勢のいいこと言ったくせに刀も抜かねぇ この愚図が!!同じ鬼殺隊なら戦ってみせろ!!
と禰豆子が入った箱を守る善逸を一方的に蹴り続けている。終いには刀を抜いて串刺しにしてしまおうとする始末だ。

第27話では鬼により殺された人を埋葬する炭治郎たちに「生き物の死骸なんて埋めてなんの意味がある」と言っていたり、手掴みで飯を食べたりしている。

第28話では藤の花の家紋の家を去る際、お清めの火切りを攻撃と勘違いし怒ってしまう。
野生児のため触れてこなかった人間の文化が数々あるようで本人には悪気があるわけではなさそうだ。

また、文字を書くことができないが話すことはできる。
幼少期、一軒の民家に迷い込んでおり、そこに住む’’たかはる青年の祖父’’に百人一首を読み聞かされるなどして言葉、自身の名前を覚えたようだ。

また、孫の’’たかはる青年’’は口調が乱暴で伊之助は冷たくあしらわれてしまう。

その乱暴な口調がうつってしまったせいか、伊之助自身も乱暴な言葉を放つようになってしまったようだ。

育まれた仲間意識

入隊直後は仲間と協力して戦うことを好まなかった。

’’我が我が’’と戦いの先頭に立とうとばかりしており、第31話で首のない鬼と戦った際も炭治郎に指示されながら戦うことを嫌っている。
しかし炭治郎は’’自分が前に出ることではなく戦いの全体の流れを見て動いていること’’に伊之助は気付いた。

徐々に炭治郎や善逸への信頼が高まっていき仲間意識が芽生えていく。

第91話での上弦の陸との戦いでは炭治郎、善逸と共に力を合わせて戦う。連携の取れた動きにより堕姫の首を斬ることに成功した。

 

身体能力

触覚が優れている

野生で育てられたせいか’’触覚’’がとても優れている。

触覚により敵の居場所を探知したり、敵の殺気にも敏感に反応することが可能。
上半身が裸なのは触覚を十分に発揮するためである。

体がとても柔らかい

野生の厳しい環境を乗り越えてきたおかげか体がとても柔らかい。
身体中の関節を外すこともできる。
頭ほどの大きさの穴だったら通り抜けられるらしい。

また第94話では鬼に心臓を刺されそうになるも、心臓の位置をズラすという驚異的な能力により命拾いした。
という具合に関節だけでなく内臓も自在に操ることができるようだ。

獣の呼吸

育てによる修行を受けることなく身につけた「我流」の呼吸である。

ノコギリのような形をした2つの刀から繰り出す。
なぜ野生にいながら’’呼吸法’’に辿り着いたのかは不明である。

攻撃系は「」、それ以外は「」と呼び方が異なる。

 

壱ノ牙 穿ち抜き(うがちぬき)

2本の刀を揃えて相手を突き刺す技。
第37話では敵の皮膚が硬くうまく技を出せなかった。

弐ノ牙 切り裂き(きりさき)

腕を交差させるようにして縦に刀を振るう技。
第61話では汽車と一体化した鬼の首の骨を露出させるために使った。

参ノ牙 喰い裂き(くいざき)

交差させた刀を外側に向けて左右に振り抜く技。
第23話では鼓屋敷にいた鬼の首を一瞬で斬り裂いた。

肆ノ牙 切細裂き(きりこまざき)

左右合計6回の細かい斬撃を入れ広範囲を切り裂く。
第61話では炭治郎と連携攻撃をする際に用いた。

鬼は広範囲を攻撃されたため僅かではあるが傷を塞ぐのに時間がかかっている。

伍ノ牙 狂い裂き(くるいざき)

宙に浮きながら周囲を四方八方斬りつける。

複数の敵に対して有効である。また防御技としても使え、
第158話では上弦の弐である童磨の攻撃を防いでいる。

陸ノ牙 乱杭咬み(らんぐいがみ)

2本の刀で対象を挟み込み、ノコギリのようにして切り裂く。

第91話では上弦の陸である堕姫の軟らかい首をこの技により斬っている。
伊之助のギザギザした刀ならではの技である。

漆ノ型 空間識覚(くうかんしきかく)

優れた触覚により広範囲の索敵をする。

空気の振動すら感知し、直接触れていないものの姿を捉えることも可能。
第29話では蜘蛛の糸で操られる鬼殺隊員を助けた後、

遠くで糸を操る鬼を見つけ出すために使用した。
しかし、刀を置いて集中するため無防備になってしまう。

捌ノ型 爆裂猛進(ばくれつもうしん)

相手からの攻撃を回避、防御することなく一直線に突進する。
まさに猪突猛進である。

第91話ではこの移動を活かし相手の懐に入り込んでいる。
その移動速度は上弦の鬼ですら怯んでしまう程だ。

玖ノ牙 伸・うねり裂き(しん・うねりざき)

関節を全て外した腕を伸ばして刀を振るう。間合いが遠くても攻撃を当てることができる。また不規則な動きのため攻撃を防がれにくい。
第159話では上弦の弐である童磨に対して斬撃を入れることに成功した。

拾ノ牙 円転旋牙(えんてんせんが)

2つの刀を勢いよく回し敵の攻撃を防ぐ。
第161話では上弦の弐である童磨の攻撃を防いでいる。

 

思いつき 投げ裂き

味方の刀身めがけ自身の刀を投げ、加勢するというもの。
第162話では栗花落カナヲが上弦の弐である童磨の首に刀を入れる。

共に戦っていた伊之助が咄嗟にこの技を思いついたことで勢いが加わり首を斬ることに成功した。

名言

第31話「てめェェ!!これ以上俺をホワホワさすんじゃねぇぇ!!

ホワホワというのは伊之助が’’心が温かくなった’’際に放つ擬音。
「力を合わせて戦おう」という炭治郎に惚れているのかホワホワしている。

 

第66話「悔しくても泣くんじゃねぇ!

炎柱である煉獄杏寿郎の死後、自分の非力さを嘆き泣く炭治郎に放った。
自身も泣きながら喋っているが前向きに生きようといった心が表れているようだ。

仲間意識もしっかり芽生えており以前より人間らしさが増したように感じられる。

 

声優

松岡禎丞(まつおかよしつぐ)

33歳。北海道帯広市出身。

・ソードアート・オンライン(キリト・桐ヶ谷和人)

・弱虫ペダル(青八木一)

・食戟のソーマ(幸平創真)

・五等分の花嫁(上杉風太郎)

など数多くのメインキャラクターを演じる。

【鬼滅の刃】アニメを無料で見る方法。

-キャラクター

Copyright© 【鬼滅の刃】ネタバレまとめ【鬼滅マニあ】 , 2020 All Rights Reserved.